News

米国大麻法

2019年11月26日 Photo by Shutterstock. 文:宮西瀬名. 今年は有名人のドラッグのニュースが世間を騒がせた。それだけ少し手を伸ばせば簡単に届くところまでドラッグが  2017年9月8日 隨著加州關於娛樂性大麻合法化的提案(64號提案)公投的通過,進來不少新移民也將投資目光聚焦在了從事“合法種大麻”的生意上。究竟在加州種植  米国では議会の権限が強く、法案の提出 第2図 米国3大作物の価格推移 用大麻. (注46). の栽培合法化と振興策は、マコネル. 上院共和党院内総務の優先事項で  2018年1月3日 サンディエゴ(米西部カリフォルニア州)長野宏美】2016年11月の住民投票で娯楽用大麻の合法化が承認されたカリフォルニア州で今月1日、大麻の 

2019年12月27日 大麻取締法における「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル なお、米国において、大麻(マリファナ)が違法な薬物である一方で、THCは、化学 

2018年4月9日 今、大麻草の主成分を用いた美容製品が次々と生まれている。米国で大麻合法化の流れが加速化し、スタートアップや投資家たちが、美容における大麻の  2018年7月12日 米国食品医薬品局が大麻由来の薬剤を初めて認可した。これを口火に、 カナダの施設で昔ながらの方法で栽培されている医療用マリファナ。 | 拡大する. 大麻取締法第4条の2及び3を廃止し、大麻の医療上の目的の所持、栽培及び譲渡を 実際に、カナダ、オランダ、米国のいくつかの州では、医療大麻の使用が可能となって 

2019年1月25日 これは、ヘンプが規制対象物質から外され、連邦法において違法薬物でなくなることを意味する。米国人消費者のカンナビジオール(CBD)を含む大麻関連 

しかし、世界的に見ると「大麻」に対する「馴染み」や「寛容度」は国によって様々です。驚くべきことに米国株式  2019年9月28日 本稿を読まれる前に、予備知識としてアメリカの大麻史【前編】&【後編】「人権 独立した電波監理委員会は米国のFCCに相当するものだったが、日本  2019年5月25日 米国での合法化が進み、これまで科学が触れられなかった「 何千年ものあいだ、人類はカンナビス[編註:大麻、マリファナとも呼ぶ]を医薬として、また  2019年7月29日 米ニューヨーク州は29日、娯楽目的での大麻(マリフアナ)使用を非犯罪化した。 と、米国ではコロラド州が2014年に初めて娯楽目的での大麻使用を合法化 ただ、州議会の民主党議員の間で業界の規制方法について意見が割れたこと  2019年8月9日 【8月9日 AFP】米国で嗜好(しこう)用マリフアナ(大麻)を合法化した州では、オピオイド系鎮痛剤の過剰摂取に関連する死者数が20%を超えて減少して 

大麻取締法第4条の2及び3を廃止し、大麻の医療上の目的の所持、栽培及び譲渡を 実際に、カナダ、オランダ、米国のいくつかの州では、医療大麻の使用が可能となって 

2018年10月26日 中国驻多伦多总领馆就“大麻合法化”问题致信领区中国公民,郑重提醒领区广大中国公民,特别是广大留学生,为了 大麻规管化之前,加拿大是通过“刑法”及“毒品和药品管理法”对大麻进行监管。 米国也有不少州将大麻合法化了。